FXの成り立ちと株式を比較

Written on 2014年8月8日 – 2:07 PM | by pj |

FXとはいったいどのような意味なのでしょうか?
それを詳しく調べてみると、これはコマーシャルネームというものです。

FXの正式名称はForeign Exchangeであり、
この意味は外国為替証拠金取引や外国為替保証金取引という意味があります。
為替取引は昔は銀行間や業者間といったきわめて狭い環境でのみトレードをしていましたが、
FXは90年代に解禁されて、簡単に個人でも取引をすることが可能になりました。一方、くりっく365 比較的、最近できました。

FXと株式の共通点は色々あります。しかし、今回はFXと株式の相違点を紹介していきたいと思います。

FXの安心している勘違いは株式は紙くずになる可能性がありますが、FXは通貨の価値がまったくなくなる場合に、しか存在しない、底値、天井がないという勘違いをしている人がいますが、FXにはレバレッジというものがありますので、ほとんどの人は実際の金額の何倍、何十倍というお金をレバレッジとしてかけているので、大変な金額になる可能性があります。

マネーパートナーズであれば100通貨単位からトレードを始めることができるので、100円ぐらいで始めることができます。

FX 比較してレバレッジが10倍であれば、だいたい10円程度為替で変われば0円になる可能性も、2倍になる可能性もあります。ただし、FXにも大変よいメリットがあります。それは、ほぼ24時間トレードをすることができます。土日はもちろん、為替相場が動いていませんのでトレードできませんが、それ以外の時間帯では、ロンドン金融市場やニューヨークの金融市場は空いているので隙間なくトレードができます。

なおFXに似たくりっく365を検討してもよいかと思います。

FXの取引は資金は10万円くらいから始めることが大切ですがやはり大切なことは自分に合った取引を構築していくことが大切です。それがFXの魅力でもあります。ドル スプレッド 比較して有利なFX会社を選ぶのが一番でしょう。

Leave a Reply

(必須)

(必須)